スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登米散策

いまさら桜もなんですが・・・。
確かGW直前だったような・・・いつ行ったのかすら定かじゃない過去ネタです。苦笑

IMGP3174.jpg

宮城県登米市登米町(とめし とよままち)をぶらぶらしてきたときのものです。
伊達一族が支配する城下町だった登米町は、今もなお藩政時代の武家屋敷や史跡、江戸や明治を思わせる町並みが残っていて、町のそちこちに当時の面影を今に伝える洋風建築を見ることができます。

上の写真は「春蘭亭」。
400年以上前の武家屋敷です。他にも町内には10棟の武家屋敷が現存しています。



IMGP3210.jpg

こちらは町の顔的存在「旧登米高等尋常小学校」。明治中期の小学校で、現在は教育資料館になっています。
国指定重要文化財建造物。


IMGP3213.jpg

素木造り・コの字型・外廊下で国の重要文化財は日本唯一。


IMGP3216.jpg


IMGP3220.jpg

バルコニー・廊下欄干は洋風の和洋折衷で、教室には昔のままの机やオルガンが。
今にも当時の子供たちがどこかから飛び出してきそうな雰囲気でした。



昔懐かしいポストの後ろに見えるのが「旧登米警察署庁舎」。

IMGP3193.jpg

明治22年の建築で昭和43年まで登米警察署として使われ、昭和43年の新庁舎完成とともに79年の役目を終えた後、昭和63年に復元され警察資料館として開館した資料館です。 宮城県指定重要文化財・日本唯一の警察資料館として公開されています。明治中期の警察署内の様子が再現されていてます。
板張りの外壁の白いペンキ塗り仕上げ、窓枠の感じがたまりませんでした♪


IMGP3196.jpg

警察署の周りをてくてく・・・。


商人町には町屋が軒を連ね、重厚な蔵造りの商家や、古く趣のある看板建築が並んでいます。

IMGP3200.jpg


IMGP3203.jpg


IMGP3201.jpg


IMGP3186.jpg


IMGP3185.jpg

こんな看板や、公衆電話もレトロで、まさに登米町は「明治のロマン漂うまち」なのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yanchanorimaki.blog25.fc2.com/tb.php/271-d5859555

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

miruco

miruco

好きなもの。古道具、庭いじり、ものづくり、カフェめぐり、写真、パグ。

メールはこちらへ(★を@に変えてください)
cafe_curio_snooze★yahoo.co.jp



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

FC2Ad



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。